HOME > みんなの菜園ひろば > 里芋の育て方・里芋の栽培ポイント
みんなの菜園ひろば
  • 新規登録
  • ログイン

里芋の育て方 里芋の栽培ポイント | みんなの菜園ひろば

  • 育て方
  • Q&A
里芋について

マレー半島原産で、高温多湿な気候を好みます。夏の暑さには強いのですが、冬の寒さには弱く、霜が降りるとすぐに葉が傷んでしまいます。収穫はその前に終わらせましょう。

独特のねばり気と、それに含まれる栄養成分が豊富で人気の野菜です。

会員登録はこちら
会員登録はこちら

育て方広場

  • 根の野菜
  • 作りやすさ
  • 70

    35

栽培ポイント
  1. 芽だし
  2. 敷きワラで乾燥予防を!
  3. 乾燥や肥料切れに注意!

  1. 畑に直接植えてもよいですが、芽出しをすると発芽が早く、そろった生育ができます。芽を上に向けて植え付け、水をたっぷりやります。その上を穴をあけたビニールで覆い芽だしを行います。
  2. 里芋は乾燥が大の苦手なので、土が乾燥しないよう、ワラを敷いてマルチがわりにします。ビニールマルチだけだと温度が上がりすぎて枯れることがあります。特に乾燥するときは、早朝か夕方にたっぷり水やりをします。
  3. 乾燥や肥料切れなどのストレスがあると辛味を生じやすくなります。マルチやワラを敷くなど乾燥しにくいようにしましょう。

栽培スケジュール
栽培の流れ
  1. 土作り

    土作り

    石灰を約1坪あたり50gまき、混ぜ込み酸度調整をしましょう。1週間後、窒素分を抑えた「いも専用肥料」を50g施し耕します。

    幅80cm、高さ30cmの畝を作ります。

  2. 植えつけ

    植えつけ

    25~30gのふっくらしている種芋を選びましょう。植穴を掘り、種芋の芽を上に向けて置き、芽が畝の表面から10cmほどの深さに植えつけます。株間は30cmです。

  3. わき芽かき

    わき芽かき

    種芋から複数の芽が伸びてくるので、真ん中の一番よい芽を残し、わき芽は地ぎわを持って引き抜きましょう。真ん中の芽が成長し、基部が大きくなって親芋となり、小芋が付きます。

  4. 土寄せ

    土寄せ

    できた子芋が露出しないよう、土寄せを行います。一月に一回の割合で3回ほどし、梅雨までに終わらせるようにします。その際に畝1m100gほどの有機配合肥料を追肥するといいですよ。

  5. 収穫

    収穫

    気温が下がり、葉が枯れてきたら収穫適期です。11月ごろ霜が降りる前に、地上部が枯れてきたら掘りあげて収穫します。掘り揚げた芋を貯蔵する場合は晴れた日に行い、親いも・子イモなどを切り離さずに陰干ししておきます。貯蔵に適した温度は8度です。

トップページへ戻る トップページへ戻る
☆ 畑作業に便利グッズ☆
玄米保冷庫
持ち運びも軽いので、人気!
玄米保冷庫
腰かけながら出来るので楽!!
敷きわら
土に還える天然マルチ!
玄米保冷庫
片手で種が播ける!

☆ 畑づくりにおすすめ商品☆

玄米保冷庫

有機100%でゆっくり長く効きます!ペレット状で便利!

玄米保冷庫

マルチに簡単に穴を空けれて作業が楽!

玄米保冷庫

銀黒で使い分けで出来ます!畑の地温や雑草防除に!

玄米保冷庫

ミネラルも含み、野菜がおいしく!酸度調整に!