緑肥

緑肥には大きく分けて4つの作用があります。
複数の作用を併せ持っている緑肥もありますので、蒔きたい土壌に必要な作用を考えて選んでいきます。



・土壌微生物の多様性の改善:作物の根が放出する養分を餌とする微生物が増殖することにより、生物性の偏りを減らします。
・有害なセンチュウの抑制:センチュウ(線虫)の抑制作用。
・土壌病害の抑制:イネ科植物の豊富な根圏は有用微生物の増殖することにより、土壌病害を抑制します。

ヘイオーツ
ヘイオーツ
つちたろう
つちたろう
ねまへらそう
ねまへらそう
ソイルクリーン
ソイルクリーン
ネマキング
ネマキング
ネマコロリ
ネマコロリ
くれない
くれない
ライ太郎
ライ太郎
イネ科 イネ科 スーダングラス ギニアグラス マメ科 マメ科 マメ科 イネ科
キタネグサレ線虫
キタネコブ線虫
ミナミネグサレ線虫
キタネグサレ線虫
サツマイモネコブ線虫
キタネグサレ線虫
サツマイモネコブ線虫
キタネグサレ線虫
サツマイモネコブ線虫
キタネグサレ線虫
キタネコブ線虫
ミナミネグサレ線虫
サツマイモネコブ線虫
ダイズシスト線虫
サツマイモネコブ線虫 ダイズシスト線虫 キタネグサレ線虫
キタネコブ線虫

・土壌の団粒構造の形成:土壌へのすき込みにより空気がたくさん入ったフカフカの土にします。
・透水性の改善:深く根を張る緑肥は土壌に深く侵入し、水が入りやすく水はけのよい土に改善します。


ヘイオーツ

つちたろう

ねまへらそう

田助

ネマキング

ネマコロリ

くれない

キカラシ
土壌の団粒構造の形成 土壌の団粒構造の形成 土壌の団粒構造の形成 透水性の改善 透水性の改善 透水性の改善 透水性の改善 透水性の改善

・保肥力の増大:土壌へのすき込みにより、腐植となり、肥料分の陽性イオンを科学的に吸着しやすくなります。
・クリーニング:過剰な塩類を緑肥が吸い上げることにより、土壌の塩類集積が回避できます。
・空中窒素の固定:マメ科の植物は根に共存する根粒菌の働きにより空中窒素を土中に固定します。
・VA菌根菌によるリン酸有効活用:VA菌根菌の着生率が高いものは、リン酸の吸収が良くなります。花や実をつける植物におすすめ



ヘイオーツ

つちたろう

ねまへらそう

ネマキング

ネマコロリ

くれない

ヘアリーベッチ

ソルゴー
保肥力増大 保肥力増大 クリーニング クリーニング クリーニング 空中窒素固定 空中窒素固定 保肥力増大
  クリーニング   空中窒素固定 空中窒素固定 VA菌根菌 VA菌根菌 クリーニング
      VA菌根菌 VA菌根菌      

・景観美化:景観形成や遊休農地対策として利用します。
・防風・防砂:強風や集中豪雨などによる土の流出を減らします。
・カバー:果樹園の草生や果菜類の敷き藁利用など、雑草の抑制に使用します。
・ドリフトガード:農薬飛散の軽減に利用します。(完全に飛散を防ぐことはできません)


ネマキング

ネマコロリ

くれない

キカラシ

アンジェリア

キッズスマイル

白クローバー

ヘイオーツ
景観美化 景観美化 景観美化 景観美化 景観美化 景観美化 景観美化 防風・防砂
 

ダイカンドラ

ヘアリーベッチ

つちたろう
 
カバー 防風・防砂 ドリフトガード
  カバー  
ソルゴー イタリアンライグラス