【小袋タネの送料】全国どこでも \150 / 小袋10袋以上お買い上げで送料無料 \0 【小袋タネ以外の送料】料金表参照/ \10,000以上お買い上げで1梱包分送料無料 \0

商品カテゴリ一覧 > 野菜のタネ > スプラウト・もやし > ブロッコリー 種 【 かいわれブロッコリー 】 種子 小袋(約50ml)


かいわれブロッコリー



成熟ブロッコリーの8〜10倍のサルフォラフェンを含むほか、カロチンやビタミンC、ビタミンE、ビタミンKが特に豊富。活性酸素を無害化する働きを持つ抗酸化物質も多い。とくに発芽後3日目のスプラウトには栄養成分が多く、発がん抑制効果は成熟ブロッコリーの20〜50倍とされる。

科名 アブラナ科 発芽適温 20〜25゜C 生育適温 15〜20゜C 発芽日数 4〜6日

● 成長のようす ●

栽培セットでかいわれブロッコリーを育ててみました

1日目「種をまきました」

1
水を入れて
2
容器をセットして種を蒔きます
3
蒔き終わったら暗い所に移します

2日〜3日で芽が出ました

4 5

生長中!!毎日見ているのが楽しみ!!

 

1週間くらいで収穫。

6
 
7
 
8
おいしくいただきました☆

食べ比べて楽しい!スプラウトの栽培セット

人気のかいわれブロッコリー

かいわれブロッコリー 簡単栽培セット
一番人気のかいわれブロッコリーに栽培容器がついていて、便利!種を播いて、水を入れるだけ!
価格540円 (税込) 送料別
かいわれブロッコリー3袋+栽培容器◎
かいわれブロッコリー デラックス栽培セット
たっぷりかいわれブロッコリーが3袋と大きめの栽培容器がセットに!長く楽しみたい方に!
価格1280円 (税込) 送料別
人気の6種類+栽培容器
スプラウト はじめて栽培セット
当店人気の種6種類と栽培容器がセットに!どの品種にしようか迷っている方におすすめ★
価格1980円 (税込) 送料込


小袋種子の内容量表記について

農作物である商品の特性上、小袋パッケージの商品に関しましては、販売時期により、内容量が変更になる場合があります。

商品名に内容量が記載されている場合がございますが、あくまで目安であり、1mlほど前後するものとお考え下さい。また、内容量が増減したことによる価格の変更もありません。

あらかじめご了承いただいた上で、ご注文をお願いいたします。



ブロッコリー 種 【 かいわれブロッコリー 】 種子 小袋(約50ml)
ブロッコリー 種 【 かいわれブロッコリー 】 種子 小袋(約50ml)

ブロッコリー 種 【 かいわれブロッコリー 】 種子 小袋(約50ml)

商品番号 5103027


【通常、3〜7営業日以内に発送】

270円(税込)

[3ポイント進呈 ]

[ 送料パターン 小袋種子【DM便】 ]

数量

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

【容器の水について】
水は腐らないよう、一日1〜2回取り替えます。
温度が高い場合は取替え回数を増やしてください。


形態
数量
小袋(約50ml)


まとめ買いについて:メール便で10袋まで同梱できます。合計10袋で送料無料!


種子の責任について

植え付け後の栽培条件や天候などにより結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。
また商品の性質上、結果不良につきましてはお買い上げ範囲内とさせていただきます。
(お客様の栽培管理や気象条件による結果不良につきましては、その責任を負いかねます。)

収穫物については、品種の特性や栽培条件などにより生育に差が生じることがあり、
収穫物のサイズ、重量、味などは掲載表現と異なる場合があります。






ブロッコリーの育て方

キャベツの仲間で花蕾を食べる葉菜類です。
連作を嫌うので、アブラナ科の野菜を2年以上植えていない場所で栽培しましょう。

ヨーロッパの地中海東部沿岸が原産で、高温多湿を嫌いますが、寒さには強い特徴があります。側花蕾を収穫できる品種のほかに、茎が長く伸び、花蕾が小さい「茎ブロッコリー」も人気です。

ブロッコリーには一番上にできる花蕾(頂花蕾)だけを収穫する品種と側枝も伸びて花蕾が収穫できる品種があります。長く収穫を楽しみたい方は側枝も収穫できる品種を選びましょう。

1.土作り
 

石灰を約1坪あたり500gまき、混ぜ込み酸度調整をしましょう。1週間後、化成肥料500g、牛ふんを施し耕します。

幅80cm、高さ10cmの畝を作り、中央に長さ1m当り、たい肥1.5kgと油粕100gを施して土を埋め戻します。畑の耕起の時点で肥料が施してあれば、あらためて畝の中に油粕などを投入する必要はありません。

むしろ、肥料を撹拌ないのであれば、固まった肥料は肥料あたりを起こす可能性があるので、入れない方がいいでしょう。

2.種まき

育苗箱に種まき用の培土をいれ、7〜8cm間隔ですじまきをします。種まき後、直射日光を避けておきましょう。種まき後、薄く土をかぶせ、湿らせた新聞をかけておくといいですよ。発芽したら間引きをし、本葉2枚になったらポリポットに移植し、本葉5〜6枚まで育苗します。

3.植えつけ
  無仮植育苗では本葉2枚までに12cm間隔に間引きします。
仮植育苗では、本葉2〜3枚時にポリポットに仮植します。夏まきでは寒冷紗等でトンネルにしてやることが大切です。
4.追肥
 

追肥は3回ほど行いましょう。1回目は植えつけ20日後で本葉10枚、本葉15日の時にも一株当たり肥料を1握り施します。

5.支柱立て
  風で倒れそうなときは支柱を立てて支えましょう。ブロッコリーは倒れると傷がつき、病気が発生しやすくなります。
6.収穫
秋まきは4〜5月が収穫時期です。葉が巻き込み、固くしまったものから包丁で切り取って収穫します。秋まきは長く畑においてくと、とう立ちするので早めに収穫します。

ご注意ください〜当店の偽サイトについて〜

模倣サイトにお気をつけ下さい!
ネット上でいくつか存在しております、農業屋.comの商品説明文や画像などを無断で使用しているサイトは、当社とは全く関係がございません。
農業屋.comのURLはhttp://www.nogyoya.com/です。それ以外に、同名のショッピングサイトは存在しません。
当店にて銀行振込でご注文いただいた場合の振込先名義は「クラギカブシキガイシャ」です。それ以外の指定はしておりません。
万が一注文してしまうと、当社指定とは異なる口座への振込依頼のメールが届く場合がありますが、くれぐれもお振込されないようお願いいたします。指定されている振込先名義をご確認ください。