【小袋タネの送料】全国どこでも \260 / 【小袋タネ以外の送料】料金表参照/ \10,000以上お買い上げで1梱包分送料無料 \0
配送会社の運送料値上げに伴い、2018年10月15日より送料を改定させていただいております。 送料料金表はこちら

商品カテゴリ一覧 > > 夏野菜苗 > ピーマン・パプリカ・ししとう・唐辛子苗 > ピーマン > ピーマン苗 【 ジャンボピーマン 】 4本セット 【予約販売】


ピーマン 【 ジャンボピーマン 】


甘くて肉厚!サラダでも!

長さ10cmが収穫の目安。
色鮮やかでサラダにも最適!

品種名
ジャンボピーマン
系統
ナス科(連作注意)
蒔き時期 3〜4月
植え時期 5〜6月
収穫時期
7〜9月
-
-
-
-
-
育てやすさ
★★★★☆(ふつう)









ピーマン苗 【 ジャンボピーマン 】 4本セット 【予約販売】
ピーマン苗 【 ジャンボピーマン 】 4本セット 【予約販売】

ピーマン苗 【 ジャンボピーマン 】 4本セット 【予約販売】

商品番号 7404474



823円(税込)

[8ポイント進呈 ]

[ 送料パターン 小袋種子以外【通常梱包】 ]

↓\発送時期を選択してください  
【第1便】3月30日〜4月04日
【第2便】4月06日〜4月11日
【第3便】4月13日〜4月18日
【第4便】4月20日〜4月25日
【第5便】4月27日〜5月02日
【第6便】5月04日〜5月09日
【第7便】5月11日〜5月16日 ×
【第8便】5月18日〜5月23日 ×
【第9便】5月25日〜5月30日 ×
【第10便】6月01日〜6月06日 ×
【第11便】6月08日〜6月13日 ×
【第12便】6月15日〜6月20日 ×
数量

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


この商品はメール便不可です。宅配便でのお届けとなります。

梱包・送料について
■梱包について■

ダンボール箱でのお届けとなります。
野菜苗は同送料で24本まで同梱ができます。

■複数梱包の送料について■

ご注文いただいた苗木の本数・商品の個数によって、
複数梱包になる場合は、基本送料×梱包数となります。

送料が追加となるお客様には、ご注文受付後、メールにて個別に確認させていただきます。



ご注文内容が複雑になってしまい、送料の計算がよくわからない場合など、どうぞお気軽にお問い合わせください。
nogyoya-shop@kuragi.co.jp



ピーマン・パプリカ・とうがらし・ししとうの育て方


「とうがらしは辛い」と思う人がほとんどでしょうが、とうがらしにも辛味を持つものから甘みをもつものまで果形の違いも加えてたくさんあります。「ピーマン」と呼んでいるものはとうがらしの仲間の甘味種で、栄養価は高く、緑黄色野菜として特にビタミンCが多く含まれ、食欲増進効果もあわせもっている万能選手です!

枝が込みやすいので、込んだ枝は適宜きり除き、風通しをよくしましょう。こうすることで、満遍なく、葉に日光が当たり、光合成が効率よく出来ます。

収穫が遅れ、実が成りすぎると株に負担がかかり、草勢が弱まります。実が大きくなり、きれいな緑をしてきたら収穫を随時行いましょう。

乾燥や肥料切れなどのストレスがあると辛味を生じやすくなります。マルチやワラを敷くなど乾燥しにくいようにしましょう。


1.土作り
 

連作を嫌うので3〜4年ナス科(トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモ)を作っていない場所を選び、石灰を約1坪あたり500gまき、混ぜ込み酸度調整をしましょう。1週間後、化成肥料500g、牛ふんを施し耕します。

幅80cm、高さ10cmの畝を作り、中央に長さ1m当り、たい肥1.5kgと油粕100gを施して土を埋め戻します。畑の耕起の時点で肥料が施してあれば、あらためて畝の中に油粕などを投入する必要はありません。

むしろ、肥料を撹拌ないのであれば、固まった肥料は肥料あたりを起こす可能性があるので、入れない方がいいでしょう。

2.植え付け

 

本葉が7〜8枚出ている苗が植えつけ適期です。地温が低いと初期成育が悪く、花が落ちてしまうので、あわてて早い時期に植えるのは禁物です。株間50cm間隔で植えましょう。

※接木苗の場合は継ぎ目を埋めないように気をつけて植えましょう。

3.マルチング
 

地温を上げるために透明マルチを敷いたり、雑草予防のためにマルチや敷きワラを敷くといいですよ。

4.誘引
根は浅く張るので、倒れやすいため支柱で支えましょう。長さ120cmほどの支柱に麻ひもなどで結んで誘引します。茎は太るので、ひもをゆるめに8の字にして結びましょう。
5.整枝
 整枝はトマトほど厳密ではなく、何本仕立てという決まりもありません。1番花以下のわき芽はかきとり、その後は放任する栽培方法が一般的です。下葉はしおれてきたら順次かきとりましょう。
6.追肥
収穫が始まったら、化成肥料を1株当たり1握り(40g)ほど与えましょう。その後、月に2回のペースで追肥を行います。
7.収穫
開花から15〜20日たち、長さ6〜7cm程度になったら収穫適期です。緑色が鮮やかなうちに収穫を行いましょう。また第一果は株に負担をかけないよう、小さいうちに摘み取りましょう。

ご注意ください〜当店の偽サイトについて〜

模倣サイトにお気をつけ下さい!
ネット上でいくつか存在しております、農業屋.comの商品説明文や画像などを無断で使用しているサイトは、当社とは全く関係がございません。
農業屋.comのURLはhttp://www.nogyoya.com/です。それ以外に、同名のショッピングサイトは存在しません。
当店にて銀行振込でご注文いただいた場合の振込先名義は「クラギカブシキガイシャ」です。それ以外の指定はしておりません。
万が一注文してしまうと、当社指定とは異なる口座への振込依頼のメールが届く場合がありますが、くれぐれもお振込されないようお願いいたします。指定されている振込先名義をご確認ください。