【小袋タネの送料】全国どこでも \260 / 【小袋タネ以外の送料】料金表参照/ \10,000以上お買い上げで1梱包分送料無料 \0
配送会社の運送料値上げに伴い、2018年10月15日より送料を改定させていただいております。 送料料金表はこちら

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗木 > ブルーベリー苗木 ピンクレモネード セット【ハイブリッド系×ラビットアイ系】


ブルーベリー ピンクレモネード セット


ハイブリッド系ブルーベリー ピンクレモネード 接木苗と
受粉に最適なラビットアイ系ブルーベリー T-100 挿し木苗のセット






ピンクレモネード(ハイブリッド系ブルーベリー)

従来のブルーベリーの実は紫色又は蒼色なのですが、
このピンクレモネードは実がピンク色の珍しいハイブリッド品種になっています。
中〜晩生種。成熟期は6月下旬〜7月中旬。 樹勢は強く直立性、果実は中粒。

受粉樹はラビットアイ系がおすすめです。
今までのブルーベリーとは、一味違う甘さがあります。

T-100(ラビットアイ系ブルーベリー)

晩生種。成熟期:7月下旬〜9月上旬。樹勢は強い
果実は大粒で非常に良い。甘味多い。果形は扁円形。果皮は明青色。ブルーム多い。果肉は硬い。果柄痕は小、乾。風味はたいへん良い。
樹姿は直立性。樹形は大型。。成長は早い。果肉は硬く輸送に適す。 

鈴型の白く可愛い花がたくさん咲きます。花の根元が薄く紅がかったり、ピンク花の品種もあります。


受粉した花の根元が膨らみ、おなじみの果実になります。そのまま食べても美味しく、ジャムやジュースにしても楽しめます。
非常に美しい紅葉を見せてくれます。この紅葉のためにブルーベリーを育てるという方もいるほどです。

葉がすべて落ちてしまいますが、よく観察してみると赤みがかった美しい枝の節々に花芽や葉芽が出来ています。





ご理解いただきますよう、お願い申し上げます〜苗木の責任について〜

植え付け後の栽培条件や天候などにより結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。
また商品の性質上、結果不良につきましてはお買い上げ範囲内とさせていただきます。
(お客様の栽培管理や気象条件による結果不良につきましては、その責任を負いかねます。)

収穫物については、品種の特性や栽培条件などにより生育に差が生じることがあり、
収穫物のサイズ、重量、味などは掲載表現と異なる場合があります。


ブルーベリー苗木 ピンクレモネード セット【ハイブリッド系×ラビットアイ系】
ブルーベリー苗木 ピンクレモネード セット【ハイブリッド系×ラビットアイ系】

ブルーベリー苗木 ピンクレモネード セット【ハイブリッド系×ラビットアイ系】

商品番号 set-bb-pink


【通常7〜10日でお届け】

4,277円(税込)

[43ポイント進呈 ]

[ 送料パターン 小袋種子以外【通常梱包】 ]

【落葉果樹です】冬は落葉し、葉がついていない状態になります

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
お届けする苗木について

苗木の年齢
2年生
苗木の特徴
ピンクレモネード接木苗、T-100挿し木苗
苗木の形状

3.5号または4号ポットに仮植

苗木のサイズ
ポット部分含め 約80cm(品種・苗により若干異なります)


・秋〜冬季は落葉し、ほとんど枝だけの状態となります。


ラビットアイ系強健種を台木に接ぎ木をしています。
*大粒で品質、風味の良いハイブッシュブルーベリーの栽培が容易になりました!!
*今まで栽培の難しかったハイブッシュブルーベリーを、
強健なラビットアイ台木に接ぎ木することにより下記の利点が生まれます。

1. 土壌適応性が広くなる!
2. 暑さ、乾燥に強くなる!
3. 樹勢が旺盛になり、果実も大きく、収量も増えます!
4. 家庭果樹栽培での品種の選択も広がります。
5. 水転園や温暖地での営利栽培にも有利になります。

この商品はメール便不可です。宅配便でのお届けとなります。

!!必ずご確認ください!!
■お届けする苗木の状態について■
落葉果樹ですので秋は紅葉し、やがて落葉し始めます。
冬季は完全に落葉し、枯れ枝のような状態となります。

■梱包について■

高さ80cmのダンボール箱でのお届けとなります。
ブルーベリー苗木 2年生は同送料で4本まで同梱ができます。

■複数梱包の送料について■

ご注文いただいた苗木の本数・商品の個数によって、
複数梱包になる場合は、基本送料×梱包数となります。

送料が追加となるお客様には、ご注文受付後、メールにて個別に確認させていただきます。



ご注文内容が複雑になってしまい、送料の計算がよくわからない場合など、どうぞお気軽にお問い合わせください。
rakuten@kuragi.co.jp




ブルーベリーの育て方

樹の大きさも高くならないので、果樹の中では栽培しやすく、オススメです。
また、ブルーベリーはツツジ科で根が浅いので、鉢やプランターでも簡単に栽培できます。

ブルーベリーは酸性の土地を好むため、アルカリ性の石灰は避けましょう。逆に土壌がアルカリ性の場合はピートモスを混ぜて酸度調整をしましょう。

1本でもある程度、結実しますが、自分の花粉で受粉する能力があまり高くありません。(とくにラビットアイ系)。そのため他の品種を混植するほうがよく果実がなります。

栽培されているものとして「ハイブッシュ」と「ラビットアイ」の2系統に分類されます。北海道から鹿児島まで、ほぼ日本各地で栽培できますが、挿し木苗の場合栽培適地が絞られます。

・寒地:ノーザンハイブッシュ系
・暖地:サザンハイブッシュ系・ラビットアイ系

1.土作り
 

日当たりがよい場所を好みますが、西日がつよくあたる場所は避けましょう。

土壌は酸性で水はけと通気性がよく、やや湿り気のある砂質のものが適します。

ピートモスは乾燥状態では土になじまないので、あらかじめ水を加えて練っておきます。
直径40〜50cm、深さ30〜40cmほどの穴を掘り、掘り上げた土に同乗のピートモスと3分の1量ほどの川砂を混ぜ合わせます。土とピートモスを混ぜた土を埋め戻し、中央をやや盛り上げるようにしておきます。

ブルーベリー用に、あらかじめピートモスを配合し、酸度を調整した土もあります。

2.植えつけ
 

苗木は株元の土をくずさないようにして根鉢の周りと底の土だけを少し崩しておきましょう。
深植にならないように埋め戻した部分の中央に少しくぼみを作って苗を置き、周囲をピートモスで囲います。
周囲の土をかぶせるように植えつけて上から軽く押さえて用土を固めます。
植えつけたら株の周囲に溝を掘り、たっぷりと水を回しいれ、最後にワラなどで株元を覆います。

3.仕立て方・剪定
  剪定せず自然樹形に任せても実はつきますが、樹に負担をかけず、より良い状態で育てるためには2月〜3月上旬に冬季剪定を行います。


1.新しい主軸枝を用意している場合は、生産力の弱くなった古い主軸枝を間引き剪定します。

2.樹冠内部に太陽光線が投射するのを妨げている、内向枝や込みあった枝は剪定します。

3.地際部から発生した細く弱いシュート(突発枝)は切除します。

4.強いシュートは将来の主軸枝の予備として残し育てます。

  5.遠く離れたサッカー(ひこばえ、吸枝)は樹形を乱すので切除します。
6.枯れ枝。遅く発生した秋芽の細く弱い枝は剪定します。

7.冬季に凍障害を受けた枝は剪定します。

8.地面に着くように下垂した枝は剪定します。

9.短い結果母枝(実が付く花芽を有する枝)細い結果母枝は剪定します。

10.間隔が狭く密生している結果母枝は間引きます。

11.花芽をたくさん付けて結果過多になる結果母枝は、摘蕾、摘花、摘果などはせず、剪定時に花芽の数を花芽の先端から1/2または1/3位切除し、大きく美味しい果実を付けるように、花芽数調整剪定をします。
4.施肥
3月と10月に配合肥料を施しましょう。
5.摘蕾・摘果
2〜3年目から実がなり始めますが、そのころの幼木の枝先に多くならせると枝が伸びずに枯れてしまうことがあります。3年目までは発芽前に花芽をすべて取り去り、実をつけないようにしましょう。

虫媒花ですので、ミツバチなどの虫が花粉を運びます。プランター栽培などで、ミツバチが来ない場合は風に任せず、人工授粉を行う方が安心です。

蕾を軽くたたいて花粉を落とし、異なる品種に綿棒でつけます。

6.収穫
1つの花芽についた5〜7個の果実は数週間をかけて順次熟していきます。2〜3回に分けて収穫を行いましょう。収穫適期の実は手で触るとポロリと取れます。


ブルームが少なく皮の薄い品種は雨による裂果の恐れがあります。雨避けをおすすめします。

ご注意ください〜当店の偽サイトについて〜

模倣サイトにお気をつけ下さい!
ネット上でいくつか存在しております、農業屋.comの商品説明文や画像などを無断で使用しているサイトは、当社とは全く関係がございません。
農業屋.comのURLはhttp://www.nogyoya.com/です。それ以外に、同名のショッピングサイトは存在しません。
当店にて銀行振込でご注文いただいた場合の振込先名義は「クラギカブシキガイシャ」です。それ以外の指定はしておりません。
万が一注文してしまうと、当社指定とは異なる口座への振込依頼のメールが届く場合がありますが、くれぐれもお振込されないようお願いいたします。指定されている振込先名義をご確認ください。